スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クイーンのレーベル移籍後の第1弾CD1月12日発売

以前にクイーンがレーベル移籍するという記事を書きましたがその続報です
(記事はこちら)Queen / クイーン がレーベル移籍そしてリマスター盤発売

いよいよ新たにデジタル・リマスターされたCDが1月12日から発売されます

発売されるCDは2枚で
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ



グレイテスト・ヒッツ VOL.2
グレイテスト・ヒッツ VOL.2

になります

グレイテスト・ヒッツは81年に発売された
クイーンとして初めてのベストアルバムです
8枚目のアルバム「The Game / ザ・ゲーム」までの中から
ヒット曲が収録されています

(残念ながら1枚目のアルバムからは収録されてません
 デビュー曲くらいは入れても・・・)


グレイテスト・ヒッツ VOL.2は91年に発売されました
ザ・ワークス以降の後期のアルバムから収録されています

それぞれ日本盤ボーナストラックとして

グレイテスト・ヒッツには「手をとりあって / TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER) 」

グレイテスト・ヒッツ VOL.2には「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー / I WAS BORN TO LOVE YOU」

が収録されています

しかし「手をとりあって」は日本の為の曲だから納得だけど
「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」というのはどうなのかな?
元々フレディのソロ曲だし
フレディ死後のアルバムからの選曲だし・・・
確かに日本に置ける知名度は高いと思いますけどね

これを読んで少しでもクイーンに興味を持った方は
まずは1月12日にデジタルリマスターされて発売されるCDを聞いてみてください
私がボヘミアン・ラプソディーを聴いてクイーンのファンになったように
1人でも多くのクイーンファンが増えてほしいと思います

UNIVERSAL MUSICのクイーン公式サイト

拙い文章ですがこのブログで
クイーンのオリジナルアルバムの感想を書いてるので
よろしければ読んでやってください
関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です

[ 2011/01/04 ] Queen | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kogoh.blog92.fc2.com/tb.php/120-1e25f4e4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。