スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年アフタヌーン1月号感想②

2011年アフタヌーン1月号の感想その②です
その①はこちら
2011年アフタヌーン1月号感想①

月刊 アフタヌーン 2011年 01月号 [雑誌]


チェコ 鴻巣世紀
2009年夏の四季大賞である『チェコ』を読み切り用に再構成した作品
なんちゅーか暗い話だね
ただこっちのほうがアモロイドを解体する動機など物語として面白く感じた
まあ、当然といえば当然だけど・・・

友達100人できるかな とよ田みのる
今回の話はやばかったなー
クラスのボスかー
大人になると1度は考えるよなー
今の記憶を持ったまま子供の頃からやり直したいって
ボスを追われた大貫の気持ちがわかるから泣けた

シドニアの騎士 弐瓶 勉
なかなか衝撃の展開でした
というか作者の性質からするとどうでもないか・・・?
海苔夫の涙はどんな涙なのかははっきりわからないね
今までのことも岐神家としてのプライドゆえにだったのかな
よくわからないけど最後は
目の色も違うから乗っ取られたってことでいいのかな?

無限の住人 沙村広明
偽一と阿葉山の対決が決着
どっちが勝ってもおかしくなかったね
最後の問答のやり取りはかっこよかった

侍父 錦ソクラ
ド直球の下ネタ回だったな
厳格な侍である父親ゆえのギャグ漫画を期待してたけど
どうやら違う方向にいきそうだな

018 宮川 輝
今回最終回
この展開は打ち切りなのかどうか知りたいところだね
先月のもの凄い設定の説明はやっぱり・・・
時間的にはほとんど経過してないんだよね
いきなり襲われてあぼーんして愛の力で復活・・・
SFもので期待してただけに最後駆け足で
ちょっと残念な終わり方でした

来月は女神さまかけかえ特性カバーがつくんですってよ
他の雑誌でもたまにこういうの見かけるけど
こういう付録が欲しくて普段買わない本誌を買う人って多いんですかね

四季賞はまた後で
関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です

[ 2010/11/27 ] アフタヌーン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kogoh.blog92.fc2.com/tb.php/103-458037d4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。